わきがは性別を問わず誰でもなる可能性があります。わきがが気になるのはその臭いですね。わきがの臭いはほとんどの人が嫌います。そうした背景から自分のわきが臭には敏感になり、他人の目や評判を気にしだします。自分がわきがだと感じた人は、まるで自分がダメな人間になったように落ち込むことすらあるようです。しかし、そんなことはありません。わきがは病気ではありません。対処の仕方ではいくらでも方法はあります。
消臭と制汗のダブル効果愛用者急増中〔クリアッシュダブルデオ携帯用25gチューブ〕
クリームなのにさらさら!1,890円

2008年02月21日

ワキガかどうかを自分でチェックする方法

-->
ワキガは本人が気付かない場合が多いです。また周りの人も遠慮して教えてくれないケースも多く、本人が気がついたときは既にワキガもちとして避けられるケースもあります。

そこでワキガかどうかの自己チェック法を書いてみました。

1)家族や近い親戚にワキガの人はいないか

これはワキガが体質的なものも関係しているため、遺伝的に近い人はその因子をもっている可能性があるからです。しかし、家族や近い親戚にワキガに人がいるからといって、必ずあなたがワキガになるとは限りません。その点は厄介ですが、でも、その因子はあることは忘れないでください。

ただ統計によると両親のいずれかがワキガの場合、子どもに遺伝する確率は約50%、両親ともワキガ体質だと75%の確率で遺伝します、とされ
ていますので油断はできません。

私の場合は子供が3人いますが、私だけがワキガでしたので、3人の子供のうち1人だけがワキガになりました。確率は33%ということです。


2)耳あかの状態は湿っていますか?

ワキガの主役であるアポクリン汗腺は外耳道に多く分布しています。そのため耳垢が湿ってくるのです。耳あかが湿っている人の約75%はワキガ体質である可能性が高いと考えられています。

3)汗っかきですか?

ワキガは汗が原因物質。なので汗っかきな方もワキガになる可能性は高いです。

4)わきの下、特に下着が黄ばんだりしていませんか?

ワキガの原因であるアポクリン汗腺の汗に含まれる脂肪・タンパク質・鉄分・色素などは、衣服につく黄色い汗染みの原因となります。したがって、汗染みができやすい人はアポクリン汗腺の数や分泌量が多いと考えられますので、ワキガになりやすい、またはワキガにならないようにするように注意が必要です。

5)肉類や乳製品を沢山食べている

動物性脂肪をとりすぎると、アポクリン汗腺からの分泌物にニオイのもととなる脂肪成分が増え、皮脂の分泌も過剰になります。また、ワキガの人は脂肪をとり過ぎる傾向にあるという統計もあります。

以上、まとめてみましたが、不安な場合はやはり医師に相談するのが一番ですが、その場合でも相談の方法があります。それは中には営利目的の医師がいるからです。また、治療法は本当に様々です。その治療法があなたにあっているのか、その点もよく研究してみてください。ワキガで死ぬ人はいません。だから、事前によく研究してよい医師を選びましょう。治療しても結局、再発、なんて例もあります。その点などもきちんと事前にしておきたいですね。

人気blogランキングへ


posted by 脇がマルコ at 10:55 | Comment(0) | TrackBack(1) | ワキガ?な方の自己チェック法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

子供のワキガの原因
Excerpt: 子供のワキガが増えたのは、最近の子供の発育が良くなったことが原因で、食生活もおおいに関係があるといえます。 子供のワキガがこんなにも増えた原因は他にどのようなことにあるのでしょうか? 子供のワキガ..
Weblog: ワキガ・多汗症・体臭予防!
Tracked: 2008-04-02 20:10

このサイトに関して
このサイトは情報提供を主眼として作成しています。さまざまな情報を提供させていただいていますが、正確を期しているつもりですが、万が一正確さに瑕疵がある場合があるかもしれません。その場合はお問合せ先にご連絡いただけますようお願いいたします。
なお、サイトの中でリンクが貼られていますが、事前に確認の上、リンクを貼っていますが、リンク先の情報に関しましての正確さには責任を負いかねますので、ご了承ください。

プライバシーポリシー
本サイトにあるリンクをクリックすることにより取得されるクッキーは、認識され収集することができます。しかし、通常は本サイトでは訪問された方のクッキーの収集は行っていません。ただし、Googleなどの広告のリンクをクリックすることによりリンク先のサイトがクッキーを収集することは本サイトでは関知できませんので、その点をお含みおきください。
また、何らかの形(トラックバックやコメントなど)で本サイトに情報を残した場合、公序良俗に反しない限り掲載されます。また、トラックバックやコメントが最初からできない形式のサイトはこの限りではありません。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。