わきがは性別を問わず誰でもなる可能性があります。わきがが気になるのはその臭いですね。わきがの臭いはほとんどの人が嫌います。そうした背景から自分のわきが臭には敏感になり、他人の目や評判を気にしだします。自分がわきがだと感じた人は、まるで自分がダメな人間になったように落ち込むことすらあるようです。しかし、そんなことはありません。わきがは病気ではありません。対処の仕方ではいくらでも方法はあります。
消臭と制汗のダブル効果愛用者急増中〔クリアッシュダブルデオ携帯用25gチューブ〕
クリームなのにさらさら!1,890円

2007年05月15日

わきが治療 健保が使えるのは一部の治療法?

-->
わきがの治療を思い立っても、なかなか医院の門をくぐるにはそれなりの心の葛藤があります。
また、調べてみると様々な治療法があり、私にはどれがあっているのかわからない、ということもしばしばです。

こうした治療法の悩みとは別に、治療費ま高そう! ということであきらめてしまう人もいるかもしれませんね

では、治療なんだから健康保険は使えないのか、と思って
調べてみました。

実はわきが治療も健康保険はきくことが分かりました。
現在、調べたところ剪除法(わきの下の皮膚を数センチ切開し、わきがの原因となる皮下組織内のアポクリン汗腺を目で確認し、これを取り除く)場合で、健保が使えます

一般的なわきが手術の「剪除法」では、保険を適用している所が多いです。中には保険を取り扱っていない形成外科もあるので、よく調べてから行きましょう。また手術の方法によっては、保険がきかない場合もあります。

ボトックス注入法は健保が適用されませんでした。

また、皮膚科より美容整形外科の方が治療費は高い傾向にあるようです

特に有名クリニックほど料金は高いようです

さて、このようにわきがの治療法によってはかなり治療代が高くなる可能性があるので、治療前に健康保険が使えるかどうか位は最低限調べておくことをお勧めします。

人気blogランキングへ


posted by 脇がマルコ at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ワキガ(わきが)治療と健康保険
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

このサイトに関して
このサイトは情報提供を主眼として作成しています。さまざまな情報を提供させていただいていますが、正確を期しているつもりですが、万が一正確さに瑕疵がある場合があるかもしれません。その場合はお問合せ先にご連絡いただけますようお願いいたします。
なお、サイトの中でリンクが貼られていますが、事前に確認の上、リンクを貼っていますが、リンク先の情報に関しましての正確さには責任を負いかねますので、ご了承ください。

プライバシーポリシー
本サイトにあるリンクをクリックすることにより取得されるクッキーは、認識され収集することができます。しかし、通常は本サイトでは訪問された方のクッキーの収集は行っていません。ただし、Googleなどの広告のリンクをクリックすることによりリンク先のサイトがクッキーを収集することは本サイトでは関知できませんので、その点をお含みおきください。
また、何らかの形(トラックバックやコメントなど)で本サイトに情報を残した場合、公序良俗に反しない限り掲載されます。また、トラックバックやコメントが最初からできない形式のサイトはこの限りではありません。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。