わきがは性別を問わず誰でもなる可能性があります。わきがが気になるのはその臭いですね。わきがの臭いはほとんどの人が嫌います。そうした背景から自分のわきが臭には敏感になり、他人の目や評判を気にしだします。自分がわきがだと感じた人は、まるで自分がダメな人間になったように落ち込むことすらあるようです。しかし、そんなことはありません。わきがは病気ではありません。対処の仕方ではいくらでも方法はあります。
消臭と制汗のダブル効果愛用者急増中〔クリアッシュダブルデオ携帯用25gチューブ〕
クリームなのにさらさら!1,890円

2007年04月15日

ワキガは健康保険がきくか?

-->
ワキガは健康保険はきくか?

ワキガが健康保険の適用になるかどうか迷う人が多いです。
無理もありません
ワキガの治療、特に手術の場合は高額になります。

ではワキガの手術は健康保険はきくのでしょうか?

ワキガの手術は健康保険がきく手術ときかない手術が
あります。きかない手術の代表がレーザー治療です。

では、きく手術は何でしょう?
それは剪除法 ( せん除法 )・ 皮弁法です

これは皮膚科として治療するものですが、
病院によっては呼び名が違う場合がありますので、
保険治療が可能かどうかはよく確かめてください。

ワキガは手術い熟練が要するので、どうしても
高額になりやすようです。
しかし、そうはいっても支払いは生じます。
この辺はきちんと事前に確認しましょう。

----◇----◇----◇----◇----◇----◇----◇----

しかし、ワキガの治療は別の側面を持っています。
例えば「自分はワキガだ」と思っていても、実はそんな
に臭わないこともあります。
これが重症の場合は精神科が治療する上でふさわしいこと
もあります。この場合は健康保険はききます。

自分の体臭は自分ではかなり臭うと思っても、まわりは
そう思わない、ということはよくあります。

自分がワキガかどうか簡単に判断することができます。
まず、自分の耳の垢は乾燥していますか?それともねば
っこいですか?もし粘っこいのなら、ワキガを心配し
てもいいでしょう。

次に家族や血の繋がっている親族にワキガの人はいますか?
もしいたらワキガかもしれません。
ワキガは遺伝的な要素も影響する場合も多いのです。

ワキガだと思って悩んでいても始まりません。
一度、医者にみてもらうことも必要です。
それにより治療するかどうかが判断できるでしょう。

治療法は数多くあるので、そのうちの自分に合った
治療法を選択すればいいでしょう。


人気blogランキングへ


posted by 脇がマルコ at 00:09 | Comment(3) | TrackBack(1) | ワキガ(わきが)治療と健康保険
この記事へのコメント
こんにちは。こちらでは親子の手術体験をカミングアウトさせていただきました。こちらのサイトを紹介させていただいてもいいでしょうか?
Posted by ぴんこ at 2007年04月24日 18:25
マルコさん、こんばんは!
コメントどうもありがとう。そちらにもご返信しておいたんですが、リンクさせていただきましたのでこちらも宜しくね。
Posted by ぴんこ at 2007年04月25日 21:03
ぴんこさん
コメントありがとうございました。リンクもありがとうございました。気がつかなくてすみませんでした。私もリンクさせていただきました。今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by まるこ at 2007年04月25日 21:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ワキガ治療の保険適用について
Excerpt: ワキガ治療や手術には高額な費用が必要だと言われています。ワキガの程度によって治療や手術法にもさまざまな方法がありますが、金銭面での負担が大きいので治療をするにもなかなか払えない方も多いのが現実です。
Weblog: ワキガ 治療と手術
Tracked: 2007-04-19 19:26

このサイトに関して
このサイトは情報提供を主眼として作成しています。さまざまな情報を提供させていただいていますが、正確を期しているつもりですが、万が一正確さに瑕疵がある場合があるかもしれません。その場合はお問合せ先にご連絡いただけますようお願いいたします。
なお、サイトの中でリンクが貼られていますが、事前に確認の上、リンクを貼っていますが、リンク先の情報に関しましての正確さには責任を負いかねますので、ご了承ください。

プライバシーポリシー
本サイトにあるリンクをクリックすることにより取得されるクッキーは、認識され収集することができます。しかし、通常は本サイトでは訪問された方のクッキーの収集は行っていません。ただし、Googleなどの広告のリンクをクリックすることによりリンク先のサイトがクッキーを収集することは本サイトでは関知できませんので、その点をお含みおきください。
また、何らかの形(トラックバックやコメントなど)で本サイトに情報を残した場合、公序良俗に反しない限り掲載されます。また、トラックバックやコメントが最初からできない形式のサイトはこの限りではありません。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。