わきがは性別を問わず誰でもなる可能性があります。わきがが気になるのはその臭いですね。わきがの臭いはほとんどの人が嫌います。そうした背景から自分のわきが臭には敏感になり、他人の目や評判を気にしだします。自分がわきがだと感じた人は、まるで自分がダメな人間になったように落ち込むことすらあるようです。しかし、そんなことはありません。わきがは病気ではありません。対処の仕方ではいくらでも方法はあります。
消臭と制汗のダブル効果愛用者急増中〔クリアッシュダブルデオ携帯用25gチューブ〕
クリームなのにさらさら!1,890円

2007年04月08日

ワキガの対処法(1)食事編

-->
ワキガの対処法に「食事」があります

えー食事で直るの? 

いえいえ直りません(すみません)

食事でワキガを軽減することはできるんです


どういうことかと言うと、欧米人はワキガが多いと言われています  その原因はやはり肉食にあるといわれています

では、肉食とワキガの関係は?

実はおおありなんです

アポクリン汗腺というとワキガの情報ではおなじみですが、もう一つの要素として「皮脂腺」があります。

皮脂腺からの分泌物はアポクリン汗腺同様脂肪分が多く、汗と一緒になって皮脂膜を形成して皮膚をコートして保護する作用があります。皮膚や毛髪に潤いを与えていますが、脂肪分が多く細菌が繁殖することでわきがの臭いのもとになっています。

ということで食事が欧米化して、肉食になる→脂肪分が多い食事になる→脂肪分が皮脂腺から分泌される量が増える→ワキガが増える

という連鎖になっています

このようにワキガは脂肪分の多い食事を控えると、いいといわれています  ただ、成長期に良質の蛋白源である肉類の過小摂取は考え物です

やはり成長期にはワキガの悩みもありますが、かといって肉を食べない、ということもできませんので、ほどほどに食べましょう

そしてわきの下を常に清潔にしておきましょう
どうしてもダメな場合は、やはり専門医に相談してみましょう

特に思春期はワキガで大人恐怖症になる可能性もあるので、心して受け止めましょう




posted by 脇がマルコ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ワキガ(わきが)の対処法と注意
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

このサイトに関して
このサイトは情報提供を主眼として作成しています。さまざまな情報を提供させていただいていますが、正確を期しているつもりですが、万が一正確さに瑕疵がある場合があるかもしれません。その場合はお問合せ先にご連絡いただけますようお願いいたします。
なお、サイトの中でリンクが貼られていますが、事前に確認の上、リンクを貼っていますが、リンク先の情報に関しましての正確さには責任を負いかねますので、ご了承ください。

プライバシーポリシー
本サイトにあるリンクをクリックすることにより取得されるクッキーは、認識され収集することができます。しかし、通常は本サイトでは訪問された方のクッキーの収集は行っていません。ただし、Googleなどの広告のリンクをクリックすることによりリンク先のサイトがクッキーを収集することは本サイトでは関知できませんので、その点をお含みおきください。
また、何らかの形(トラックバックやコメントなど)で本サイトに情報を残した場合、公序良俗に反しない限り掲載されます。また、トラックバックやコメントが最初からできない形式のサイトはこの限りではありません。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。