わきがは性別を問わず誰でもなる可能性があります。わきがが気になるのはその臭いですね。わきがの臭いはほとんどの人が嫌います。そうした背景から自分のわきが臭には敏感になり、他人の目や評判を気にしだします。自分がわきがだと感じた人は、まるで自分がダメな人間になったように落ち込むことすらあるようです。しかし、そんなことはありません。わきがは病気ではありません。対処の仕方ではいくらでも方法はあります。
消臭と制汗のダブル効果愛用者急増中〔クリアッシュダブルデオ携帯用25gチューブ〕
クリームなのにさらさら!1,890円

2007年03月08日

ワキガの対処法:デオドラント(その1)

-->
ワキガは病気ではありませんから、予防は可能です。
よく目にするのは制汗剤(デオドラント)です。また手軽なこともあったり、テレビで宣伝されていることもありお世話になった方も多いのではないでしょうか?

デオドラント(制汗剤)には色々なタイプがあります。
それぞれ特徴がありますので、季節、自分が使用する日にどのくらい汗をかきそうか、気持ちよく使用できるか、などを考慮してうまく使い分けましょう。

しかし、現実的には多種類のデオドラントを一度に数種類使うのには無理があります。

ここではデオドラントの種類と特性を説明して、自分にはどれが合っていそうか考えてください。

また、直接肌につけるものですから、肌との相性、とくにアレルギーの方は成分などもよく確認してから使用するようにしてください。

また、成分表示が曖昧な製品は使用は控えたほうがいいでしょう。

自分の体を守るのは自分だけです。宣伝などに踊らされず、しっかりと見る目を養いましょう。

◎パウダースプレー

パウダースプレーはデオドラント製品としては初期のものに属するものです。またテレビCMも多く、利用者はかなり多いものと思われます。


パウダースプレーというくらいですから、粉を吹き付けるタイプです。この粉の成分が気になりますが、私の兄弟はかぶれました。

ただかなりの清涼感はあり。夏などはお肌に自信がある方はいいかも。中には吹き付けた後、白っぽくなるものもあるので、その点が嫌だという方は避けたほうがいいかもしれません。

また汗をかいた上にスプレーするのは効果がありません。汗がパウダーを流してしまうからです。

パウダースプレーはエチケット用品として使用している方が多く、制汗剤の中でも最も人気の高いタイプです。ただし、外出先でシューはできにくいです。容器が大きいのも気になります。



posted by 脇がマルコ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | デオドラント(制汗剤)比較
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

このサイトに関して
このサイトは情報提供を主眼として作成しています。さまざまな情報を提供させていただいていますが、正確を期しているつもりですが、万が一正確さに瑕疵がある場合があるかもしれません。その場合はお問合せ先にご連絡いただけますようお願いいたします。
なお、サイトの中でリンクが貼られていますが、事前に確認の上、リンクを貼っていますが、リンク先の情報に関しましての正確さには責任を負いかねますので、ご了承ください。

プライバシーポリシー
本サイトにあるリンクをクリックすることにより取得されるクッキーは、認識され収集することができます。しかし、通常は本サイトでは訪問された方のクッキーの収集は行っていません。ただし、Googleなどの広告のリンクをクリックすることによりリンク先のサイトがクッキーを収集することは本サイトでは関知できませんので、その点をお含みおきください。
また、何らかの形(トラックバックやコメントなど)で本サイトに情報を残した場合、公序良俗に反しない限り掲載されます。また、トラックバックやコメントが最初からできない形式のサイトはこの限りではありません。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。