わきがは性別を問わず誰でもなる可能性があります。わきがが気になるのはその臭いですね。わきがの臭いはほとんどの人が嫌います。そうした背景から自分のわきが臭には敏感になり、他人の目や評判を気にしだします。自分がわきがだと感じた人は、まるで自分がダメな人間になったように落ち込むことすらあるようです。しかし、そんなことはありません。わきがは病気ではありません。対処の仕方ではいくらでも方法はあります。
消臭と制汗のダブル効果愛用者急増中〔クリアッシュダブルデオ携帯用25gチューブ〕
クリームなのにさらさら!1,890円

2007年07月16日

わきがと加齢臭 悪臭の二重奏 負の連鎖 ノネナールが憎い

-->
わきがと加齢臭なんて最悪の取り合わせですね。
こういう人は現実に存在します。

しかし、加齢臭とは何でしょう?
年をとると臭う、ということですが、年をとれば必ず臭うのか?
いやです。

だって誰でも必ず年をとるし、これはどうしようも無いことです。
年をとるだけで臭うのなら、こんな理不尽なことはありません。

あー年をとりたくない

加齢臭を調べてみると、わきがと同じように原因物質がありました。
憎っき『ノネナール』め!
ノネナールが加齢臭の原因物質です。

「わきがと加齢臭 悪臭の二重奏 負の連鎖 ノネナールが憎い」の続きを読む


posted by 脇がマルコ at 14:53 | Comment(0) | TrackBack(1) | ワキガ(わきが)と加齢臭

2007年07月06日

ボトックスはわきがだけでなく、小顔にするための治療にも使われているという話。その1

-->
きのうボトックスのわきがへの治療法を書きましたが、知人からボトックスは美容整形で中でも小顔治療に使われている、ということを聞きました。

へーそうなんだ 知らなかった・・・

でも、実はボトックスは小顔治療では有名らしいです。
知らなかったのは私だけらしいです。

ボトックスは注射をして効果をだすものです。
注射で小顔になるなんて「本当かな?」と思いません?

「ボトックスはわきがだけでなく、小顔にするための治療にも使われているという話。その1」の続きを読む
posted by 脇がマルコ at 19:18 | Comment(1) | TrackBack(4) | ボトックス注射で手術はなし!

2007年07月05日

ボトックス注射で手術は不要!半年に1回1本の注射を打つだけ。これで痛い手術も、醜い傷跡ともお別れです。

-->
わきがはわきがのにおいを出す汗腺を除去しなければ完治しません。
除去というが、これは手術でしか実現できません。しかし、わきがを抑える治療法として、ボトックス注射が注目されています。

アポクリン汗腺がにおいの元である中性脂肪、脂肪酸などを多く含んでいるために強いワキガの原因を作ります。そして、この汗腺の分泌物が、普通の汗を分泌するエクリン汗腺からの汗によって広がり、ブラウスやシャツに黄ばみを作ってしまうのです。

さて、これから迎える暑い季節。
わきがのあなたにはとっても気を遣う季節です。

わきが治療は手術が有効だそうですが、その手術も様々な種類があり、素人にはどれがいいのか、判断がつません。

そこで今回は手術をしなくても半年から1年間わきがの臭いが臭わなくなり、しかも効力が半年から1年くらいまで持続する治療法を解説します。

「ボトックス注射で手術は不要!半年に1回1本の注射を打つだけ。これで痛い手術も、醜い傷跡ともお別れです。」続きを読む
posted by 脇がマルコ at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(1) | ボトックス注射で手術はなし!

2007年07月03日

ハイドロキノンの危険性(美白に効果はあるけれどリスクも大きい)

-->
以前、このブログでハイドロキノンについて書いたことがあります。
この時は娘のわきがの臭いが発生しないようにアルコールが含まれているデオドラントを使わせたところ、わきの下が黒ずんできたため、黒ずみを取る為にハイドロキンが配合されたデオドラントを紹介しました。

しかし、ごめんなさい。
ハイドロキノンは有害だということが分かりました。

これは「教えて!goo」の質問と回答を読んでです。そのURLは以下のところです。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2436317.html

以前の記事では、「アメリカではすでに化粧品・医薬品として20年の使用実績がある美白成分」などと紹介していましたが、これは古い情報でした。現在では「重篤な副作用があるためアメリカでは処方する医師はいなくなった」そうです。

また、副作用ですが、「ハイドロキノンは、白抜き(シミの周囲が白く抜ける)、褐色変性(塗った部分が茶色く変色する)といった重篤な副作用があります。」といった記事を見つけたときはがっかりしたのと同時に、自分の浅はかさにいやになりました。

教えて!gooも同じだろう、と言う意見もあると思いますが、一方的な業者の宣伝を鵜呑みにして書いたことはやはり、無責任でした。本当にすみませんでした。

なお、以前の記事は削除しました。
今後もこうしたことが起きないように気をつけますので、よろしくお願いいたします。


人気blogランキングへ
posted by 脇がマルコ at 11:56 | Comment(0) | TrackBack(1) | デオドラント(制汗剤)の成分

このサイトに関して
このサイトは情報提供を主眼として作成しています。さまざまな情報を提供させていただいていますが、正確を期しているつもりですが、万が一正確さに瑕疵がある場合があるかもしれません。その場合はお問合せ先にご連絡いただけますようお願いいたします。
なお、サイトの中でリンクが貼られていますが、事前に確認の上、リンクを貼っていますが、リンク先の情報に関しましての正確さには責任を負いかねますので、ご了承ください。

プライバシーポリシー
本サイトにあるリンクをクリックすることにより取得されるクッキーは、認識され収集することができます。しかし、通常は本サイトでは訪問された方のクッキーの収集は行っていません。ただし、Googleなどの広告のリンクをクリックすることによりリンク先のサイトがクッキーを収集することは本サイトでは関知できませんので、その点をお含みおきください。
また、何らかの形(トラックバックやコメントなど)で本サイトに情報を残した場合、公序良俗に反しない限り掲載されます。また、トラックバックやコメントが最初からできない形式のサイトはこの限りではありません。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。