わきがは性別を問わず誰でもなる可能性があります。わきがが気になるのはその臭いですね。わきがの臭いはほとんどの人が嫌います。そうした背景から自分のわきが臭には敏感になり、他人の目や評判を気にしだします。自分がわきがだと感じた人は、まるで自分がダメな人間になったように落ち込むことすらあるようです。しかし、そんなことはありません。わきがは病気ではありません。対処の仕方ではいくらでも方法はあります。
消臭と制汗のダブル効果愛用者急増中〔クリアッシュダブルデオ携帯用25gチューブ〕
クリームなのにさらさら!1,890円

2009年08月30日

メジャー化のため顔になる プロハンドボールプレーヤー・宮崎大輔◎

-->
誰もが気になる関心事はなんでしょう?

各紙の報道を比べてみると、微妙に報道のスタンスが違います。
ニュースがあるということは、世の中が動いている証拠ですね。
さあ、今日もニュースをチェックして世の中の動きに遅れないようにしよう!



メジャー化のため顔になる プロハンドボールプレーヤー・宮崎大輔
8月30日9時26分配信 産経新聞






宮崎大輔さん(瀧誠四郎撮影)(写真:産経新聞)



プロ野球選手やJリーガーなどトップアスリートが運動能力を競うテレビ番組への出場依頼が舞い込んできたのは4年前。急遽(きゆうきよ)、欠場する選手の代役だったという。引き受けるにあたり一つだけテレビ局側に要請した。名前に必ず「ハンドボールの」と付けて呼んでほしいと。

[フォト]ハンドの宮崎、スペインに出発

「テレビで見ていて負ける気がしなかった」

4回出場し総合優勝3回。番組内で「ハンドの宮崎」は連呼された。

「僕はプロだから、まず、プレーで結果を残す。そして、ハンドをメジャーにしないといけない」

もちろん、メジャー化は容易でない。日本ハンドボール協会などによると、国内の競技人口は約8万7000人と、高校の硬式野球部員(約17万人)の半分。リーグの観客数は1試合あたり1000人に満たない。

それでも“顔”になる選手が必要との信念から露出を続けている。試合やチーム練習がない日に、講演会や子供向けのハンドボール教室で全国を回る。自伝を出版し、イメージビデオも売り出した。プロになった当初、手紙で売り込んでも関心を示してもらえなかったことを考えれば、バラエティー番組で、鍛えた腹筋を笑顔で披露できる。

「調子に乗るな」「そんなことやってないで練習しろ」。自身のブログには、こんな書き込みが相次いだが、母親世代からは「どこに行けば子供がハンドをできるか」と聞かれるようになった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090830-00000505-san-spo




流されずに今日もがんばろうと思います。
引き続き、応援よろしくです。
明日、いい天気だといいなぁ



  • 南明奈と結婚する初夢を見た男の引きこもり克服アッキーナ日記

  • 冬アイテムは楽天市場の通販で

  • ファンヒーター

  • 湯たんぽ

  • クリスマス パーティー

  • posted by 脇がマルコ at 14:26 | 卒業祝い

    2009年08月28日

    2009衆院選:主な候補者の横顔 10区・11区・12区 /兵庫◆

    -->
    世の中、色々な人がいますが、それと同じようにニュースも色々です。

    報道の裏側は私たちには分からないことだらけです。
    ニュースがあるということは、世の中が動いている証拠ですね。
    こんなニュースも話の種になると思いますので、ちょっと読んでみて下さい。



    2009衆院選:主な候補者の横顔 10区・11区・12区 /兵庫
    8月27日14時1分配信 毎日新聞




    ◇30日投票

    (届け出順)

    ◆10区

    ◇国民尊重し判断する−−渡海紀三朗氏

    「全力を尽くす」が信条。文科相在任中は教育3法改正などに全力投球した。86年に初当選。一度党を離れ、さきがけからの2回目の立候補時には落選も経験した。「自分が正しいと思うだけではだめ。国民の思いで判断することが大事と改めて知った。政治家としての転換点だった」と振り返る。化学肥料を使わない家庭菜園での野菜作りが息抜きだ。

    ◇国防に「役立ちたい」−−小村直弘氏

    国防問題に関心があり、「役に立ちたい」と党公募に応じた。芦屋市出身で、京大卒業後の2年間、生保会社に勤めたが、以後は宗教法人の職員。幾度となく転勤を重ねて直近は秋田にいた。尊敬する人は聖徳太子。座右の銘はリンカーンの「何人に対しても悪意を抱かず、すべての人に慈愛を以(もっ)て」。学生時代はバーベル部でボディービルに打ち込んだ。

    ◇子どものために変革−−岡田康裕氏

    3度目の衆院選挑戦。「子どもが2人できて、国を変えなければだめだという正義感が一層強くなった」と背水の陣で臨む。国連機関で働く希望を持っていたが、「閉塞(へいそく)した社会を打開したい」と6年半前に政治家を目指し始めた。街頭演説は昨年11月以来、2000回に迫り、顔は日焼けして真っ黒だ。風呂が大好きで「近辺のスパは制覇した」。

    ◆11区

    ◇道徳教育熱心に訴え−−帽田智子氏


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090827-00000167-mailo-l28




    明日はどんなニュースが流れるんでしょうか?楽しみです。
    さてと、また現実の生活が待っています。がんばらないと。
    今日はこれでおしまい。



  • ぼくのなつやすみ 舞台

  • ヒップエクササイズマシーン エアリーシェイプ

  • トランシーノ 価格

  • イッタラ teema

  • posted by 脇がマルコ at 21:24 | 卒業祝い

    このサイトに関して
    このサイトは情報提供を主眼として作成しています。さまざまな情報を提供させていただいていますが、正確を期しているつもりですが、万が一正確さに瑕疵がある場合があるかもしれません。その場合はお問合せ先にご連絡いただけますようお願いいたします。
    なお、サイトの中でリンクが貼られていますが、事前に確認の上、リンクを貼っていますが、リンク先の情報に関しましての正確さには責任を負いかねますので、ご了承ください。

    プライバシーポリシー
    本サイトにあるリンクをクリックすることにより取得されるクッキーは、認識され収集することができます。しかし、通常は本サイトでは訪問された方のクッキーの収集は行っていません。ただし、Googleなどの広告のリンクをクリックすることによりリンク先のサイトがクッキーを収集することは本サイトでは関知できませんので、その点をお含みおきください。
    また、何らかの形(トラックバックやコメントなど)で本サイトに情報を残した場合、公序良俗に反しない限り掲載されます。また、トラックバックやコメントが最初からできない形式のサイトはこの限りではありません。

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。